このサイトについて当センターまでのアクセス方法お問い合せサイトマップEnglish

ホーム > 地域・一般の方へ > 砂漠・乾燥地について > 砂漠化防止に関する主な国際機関

砂漠化防止に関する主な国際機関

砂漠化対処に関する主な国際機関を以下に示す。

UNEP
(国連環境計画)
砂漠化の調査、広報、国家・地域レベル防止対策援助、関係機関の調整
UNSO
(国連スーダン・サヘル事務所)
スーダン・サヘル地域*1における対策の実施
FAO
(国連食糧機関)
土地利用政策、砂漠化予測手法、砂漠化地図作成、モニタリング等でUNEPと協力
ECA
(アフリカ経済委員会)
当該地域の経済社会発展計画の推進、ネットワーク作成等
ECE
(ヨーロッパ経済委員会)
同上
ECLA
(ラテン・アメリカ経済委員会)
同上
ESCAP
(アジア・太平洋経済社会委員会)
当該地域の経済社会発展計画・砂漠化対策計画の推進、砂漠化地図・ネットワーク作成等
ESCWA
(西アジア経済委員会)
同上
UNDP
(国連開発計画)
技術的・財政的援助
UNDRO
(国連災害救助調整官事務所)
災害時の緊急救助・援助
UN/DTCD
(国連開発技術協力部)
水資源管理
UNESCO
(国連教育科学文化機関)
MAB/IPAL*2・・・(乾燥地域の総合プロジェクト-チュニジア・ケニア)等でUNEPと協力
UNFPA
(国連人口基金)
人口問題に対する援助等
UNIDO
(国連工業開発機構)
工業開発
UNU
(国連大学)
乾燥地域管理に関する基礎研究、研修・セミナーの実施、出版等
IAEA
(国際原子力機関)
原子力の平和利用、アイソトープの利用等
IFAD
(国際農業開発基金)
農業開発援助
IIED
(国際環境・開発研究所)
NGO地域ネットワーク樹立などへの援助
ILO
(世界労働機関)
労働条件、賃金、労働者の保険、衛生等に関する勧告
WFC
(世界食料委員会)
食料援助等
WFP
(世界食糧計画)
食糧確保の観点からの植生・土壌保全対策等
WHO
(世界保健機関)
マラリア、住血吸虫症等風土病の撲滅、健康被害対策等
WMO
(世界気象機関)
砂漠化に関する気象・水文学的研究、砂漠化予測手法開発への協力等
World Bank
(世界銀行)
砂漠化防止計画への財政援助


*1 スーダン・サヘル地域
カーボベルデ、モーリタニア、セネガル、ガンビア、ギニアビサオ、ギニア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ、ニジェール、ベナン、トーゴ、ナイジェリア、カメルーン、チャド、スーダン、エチオピア、ジプチ、ソマリア、ケニア、ウガンダ、タンザニアの22カ国

*2 MAB/IPAL
MAB計画(人間と生物圏計画)は1970年にUNESCOの長期政府間共同研究事業として開発されたもので、14のプロジェクト・エリアで研究活動が行われている.IPAL(乾燥地域の総合プロジェクト)はMBA計画の一環として1976〜85年に放牧地の管理手法などをテーマに実施され、現在は西独の援助などにより、そのフォローアップが行われている.

前のページへトップページへ