このサイトについて当センターまでのアクセス方法お問い合せサイトマップEnglish

ホーム > > 共同利用・共同研究 > 共同研究について

共同研究について

鳥取大学乾燥地研究センター共同研究

 鳥取大学乾燥地研究センターは,乾燥地の砂漠化対処および開発利用に関するわが国唯一の研究機関として,1990年6月に設置された全国共同利用施設です。本センターは、全国に散在する数少ない研究者の総力を結集して砂漠化問題に対処するため、共同利用研究を募集しています。
  公募中の共同研究公募要項は公募情報のページをご覧下さい。公募は年1回です。

鳥取大学の共同研究制度

 国立大学法人には民間企業等から研究員及び研究経費等を受け入れて、大学の教員と共通した研究課題について、相互に協力して研究を行う共同研究制度(民間等との共同研究)が設けられています。本制度の申込み手続き等は下記の募集案内より行ってください。
 ・民間等共同利用・共同研究募集案内
 ・共同研究申込書(様式)
 ・共同研究申込書(記入例)
 ・共同研究契約書ひな形
 ・鳥取大学共同研究取扱規則

前のページへトップページへ