このサイトについて当センターまでのアクセス方法お問い合せサイトマップEnglish

ホーム > 研究部門 > 総合的砂漠化対処部門

総合的砂漠化対処部門

専任教員

教授・恒川 篤史

 

google scholar

スタッフのホームページ


専門分野

保全情報学分野:乾燥地における植物生産および生態系変化のモニタリングとモデリング

研究内容

  1. 生態系プロセスモデルを用いた環境応答の予測
  2. リモートセンシング・GISを用いた生物生産力の広域推定
  3. エチオピアにおける持続可能な土地管理(SLM)技術・アプローチの開発
  4. 中国・甘粛省における塩類化のリモートセンシング


図1.エチオピア北西部における土壌浸食防止実験

図2.中国・甘粛省・民勤県における塩類化により放棄された農地



准教授・黒崎 泰典

 

google scholar


専門分野

ダスト気候学分野:ダスト(黄砂)の時間空間分布。風、土壌・地表面状態とダスト発生(風食)の関係。

研究内容

  1. 気象台データ、衛星画像を用いたダスト(黄砂)の時間空間分布の解析
  2. 侵食能(風の風食を引き起こす能力)、受食性(土壌・地表面状態の風食に対する脆弱性)とダスト発生(風食)の関係
  3. 気候変動、人間活動の受食性への影響
  4. 気候変動の侵食能への影響


図1.1990年代(1990-1999年)から2000年代(2000-2009年)にかけての黄砂発生頻度の変化とその原因。モンゴルにおいて、砂漠化など土壌・地表面状態の変化が原因で黄砂発生



准教授・小林 伸行

専門分野

国際開発協力分野:途上国の乾燥地における農業・農村開発プロジェクトの評価および国際開発協力

研究内容

  1. 乾燥地での持続的な家畜生産システムに関する研究
  2. 乾燥地における健康や教育に配慮した生計向上プロジェクトに関する研究

.
図1.土壌への塩類集積が顕著な中国甘粛省の乾燥地において、住民の生計向上と環境保全に資する家畜の飼養管理を検討する。
.図2.アフリカ・マリの乾燥地では、土壌劣化を食い止めて植生を回復するための事業とあわせ、生計向上のための作物栽培が施行された。



客員教員


客員准教授・MESHESHA, Derege Tsegaye (エチオピア・バハルダール大学)

専門分野

乾燥地科学分野:エチオピアの降雨浸食力および土壌受食性の評価



客員教授・田中 泰宙(気象研究所)

専門分野

分野:



兼務教員


准教授・大谷 眞二(国際乾燥地研究機構)

専門分野

環境医学分野:気候変動における健康影響評価



特命准教授・Nigusse Harageweyn AYEHU(国際乾燥地研究教育機構)

専門分野

持続的土地管理分野:流域プロセスのモニタリング、モデリングと管理



前のページへトップページへ