展示圃場で栽培しているラッカセイを、試し掘りしました(9月15日)
ラッカセイは、受粉後に子房柄を地中に伸ばして膨らみ、”落花生”になります。
コムギの刈り取り

系統保存しているコムギを刈り取りました(6月)
コムギの刈り取り

コムギが出穂を始めました。系統間で交配しないよう、一穂ずつ袋掛けをしています(4月)
コムギの袋掛け

アリドドーム内のアーモンドが満開です(3月)
アーモンドの花

露地では鳥取の冬を越せないジャトロファを、移動しました(10月)
ジャトロファの移動

「バーチャル博物館」植物の動画コーナーを開設しました(7月29日)
植物の動く様子を展示します。
サボテンの開花

展示圃場のレモンタイムが小さな花をつけています(7月)
レモンタイムの花

柱サボテン(鬼面角)が開花しています(5月31日)
鬼面角は、夜にきれいな花を咲かせます。 日が沈むとつぼみが弛みはじめ、夜に咲いて、日の出の頃には閉じてしまいます。

YouTube(https://youtu.be/hkji7sAahw4)で動画をご覧いただけます。

鬼面角の花 鬼面角の花

受粉したピスタチオとアーモンドの実が膨らみ始めました(4月26日)
ピスタチオ ピスタチオ

アーモンド アーモンド

雪のオリーブ畑と廃物を利用した冬囲い(2月16日)
雪のオリーブ畑 全景

廃物を利用した冬囲い 冬囲い

乾燥中のソルガムの穂(1月)
乾燥中のソルガムの穂

ソルガムを増殖中(11月)
環境耐性を評価するため、ソルガムの種子を増やしています。
ソルガムを増殖中

ワタのさく果がはじけ始めました(9月)
ワタのさく果

サボテン(品種不明)に花がつきました(9月2日)
花を見れば品種がわかるかもと期待しましたが、開花に立ち会えませんでした。
サボテンの花

ワタの花が咲いています(8月17日)
ワタの花

ワタの種まきをしました(5月11日)
今年はシルバー・マルチを使います。
ワタの播種

ソノラ砂漠(北アメリカ大陸)の植生(3月)
ソノラ砂漠

“アリドンの地上絵-世界の乾燥地-”を終了しました(9月17日)
バンク室ロゴマーク

乾燥地植物資源バンク室のロゴマークを作成しました
バンク室ロゴマーク

“アリドンの地上絵”を整備しました(8月21日)
空から見ると、世界地図に見えるはずです(手前が南北アメリカ大陸)。
アーティチョークの花

アーティチョークの花(6月30日)
食用に適した時期を過ぎてしばらくすると、花が咲きます。
アーティチョークの花

ワタの種まきをしました(5月1日)
ワタの播種後

ジャトロファに若葉が出てきました(4月24日)
冬の間、葉を落としていたジャトロファに若葉が出てきました。
ジャトロファの新芽

ジャイアント・ソルトブッシュの花が咲きました(4月24日)
ジャイアント・ソルトブッシュの花

ピスタチオ(ピスタシオ)の花が咲きました(4月18日)
ピスタチオの雄花 雄花

ピスタチオの雌花 雌花